Slider

ここは、カンボジアの村・地域から、
それぞれのものづくり企業の想いが集った、
作り手とあなたを繋ぐ玄関口です。

カンボジアの「上質」を世界に発信し、
感動のストーリーと共にこの国の素晴らしさを伝えたい

自国に帰り誰かにお土産を渡すとき
あなたが訪れたこの国が誇れるものであってほしい

あなたにとって素晴らしき出逢いがまた一つ
ここで見つかりますように


 

,ものづくりを行う現地の村を訪問します

私たちのお店のコンセプトは、”遺跡のマルシェ”。まるでファーマーズマーケットのように、それぞれの作り手さんの顔が見えて、想いが感じられるお店を目指すため、彼らの想いの原石が眠る場所へ、直接赴き、それを肌で感じます。現地を訪れることで、私たちがお客様と作り手さんの架け橋となれる。そして、彼らと近い存在で、信頼を携えながら商品を販売することができています。

 

concept2
2,作り手の想いが最大限伝えられる
  店舗となるよう、彼らと共に考えます

いざ、商品を店舗で販売することが決まると、作り手さんの大事な商品をいかに輝かせ、店舗と商品の相乗効果を生み出せるかを、販売スキル・店舗内装の原理原則を培ったプロのスタッフが、作り手さんと話し合いながら考え、アドバイスします。それぞれの商品に、それぞれの想いがある。店舗スタッフも妥協しません。

concept4
3,全ての店舗スタッフが彼らの
  ストーリーを共有します

店舗で働く全てのスタッフが、お客様と作り手さんの架け橋。月に一度開催するスタッフミーティングでは作り手さんを招いて話を聴き、店頭では日々のトレーニングでベストな受け答えができるよう努力をしています。彼らだって、自国が自慢できることは、とても嬉しいことなのです。

 

concept3
4,お客様からのフィードバックを元に、
  更なる品質の向上を共に目指します

お客様からいただいた様々なご意見を、直接作り手さんにフィードバックし、更なる品質の向上を行っています。時には、共にオリジナル商品の開発(カンボジア女性が描いたデザインを採用して商品化する、ドリーム・ガールズ・プロジェクト)を行うことも。常に進化を忘れない。歩みを止めない。そうすることで彼らにも、お客様と共にあることを、日々感じてもらいたいのです。

 

logo_each_brand1


カンボジアで広く親しまれるココナッツ。そのココナッツから良質なオイルを抽出し最高級のオイルが出来上がりました。

logo_each_brand

ac_prodcutcocokhmer
カンポット州で焙煎したインドシナブレンドコーヒー。東南アジア独特のコーヒーが苦手な方でも飲みやすく芳醇で爽やかな香りが広がります。


デザインを通して夢を実現する「ドリーム・ガールズ・プロジェクト」から生み出されたカンボジア女性のデザインがポーチやバッグに。


「更に店舗の話が聞きたい!」という方はこちらをクリック

 

アクセス

AEON MALL Phnom Penh 1st Floor 
(1st Floorは日本の2階です)

image

◆リバーサイド側の入口から正面のエスカレーターを上り、10mほど直進したら右手に見えてきます。


#132, Street Sothearos, Sangkat Tonle Bassac Khan Chamkarmon, Phnom Penh, Cambodia

AEON MALL Phnom Penh

もっと詳しく

 

代表の温井です。カンボジアに来て数年、一番周囲で聞いた言葉は「アメージング」言葉通り「感嘆するような素晴らしい」ことに満ち溢れている国です。私たちはカンボジアの様々な場所を訪ね、実際にものづくりの現場を見て、納得した商品のみをお店に置いています。そしてお客様から頂いたご意見を現地の人々に伝え、共に改善をしています。

今、カンボジア産のものは良くないと自ら言っていたカンボジア人が 「カンボジアを誇りに思う」とお店で言ってくれるようになりました。人々が誇りを持て、世界に出していける商品を常にカンボジア中から集めています。その背景には、いくつもの感動のストーリーがあります。商品だけでなく、それを少しでも世界の皆様に伝えていきたい、そんな想いでスタッフ一同日々精進しています。

皆様のお越しをお待ちしております。


代表取締役 温井 和佳奈 (ぬくい わかな)

プロフィール

ボストン大学卒業、Webデザイン会社を12年経営後、女性が夢をかなえ自立することを願いドリーム・ガールズ・デザインコンテストをカンボジアで2010年から毎年主催。 2014年にイオンモールプノンペンにWakaNa(現在の店名:AMAZING CAMBODIA)をオープン。

「素晴らしきカンボジア」をテーマに世界に誇れるメイドインカンボジア商品を販売。

ものづくりをする農場やファクトリーに実際に訪問し、商品が生まれる感動のストーリーを取材し、世界へ発信。またコンテスト受賞作のデザインをお土産のラベルなどに採用することで販売強化につなげていくなど、現地の人々や企業と共に成長するお店を目指す。

会社情報はこちら 

about_top_text720_115team

team_intro

kanako_face

General Manager 渡辺 加奈子 (わたなべ かなこ)

”こんなに素敵なカンボジア製品が、この国にあったんだ!” 
「お客様がそう言って、宝物を見つけた時のような気持ちで商品を手に取る姿が見たい!」その想いから、アメージングカンボジアは生まれました。 店舗に一歩、足を踏み入れればそこは、朝モヤがかかる遺跡に佇むマルシェ。各地域の作り手さんたちが織りなす想いが、そこにはあります。 まだまだ、私たちでさえも知り得ない、上質な製品が、作り手さんたちの努力によって、どこかで生み出されているはず。私のミッションは、それらを探し、見つけてきて、皆さんにお見せすることです。そして作り手さん達に、笑顔になってもらいたい。一隅でもいいから希望を照らしたい。

プロフィール
家業であるホテル経営、旅館修行に従事し5年。その後、ドリーム・ガールズ・プロジェクトに共鳴し、カンボジアでドリーム・ガールズのデザインを採用した商品を販売する店舗立ち上げに、自ら店長に立候補、カンボジアに渡る。「おかっぱ娘」としてブログも注目され、日本人だけでなくカンボジア人からも人気の店長となる。途上国での立ち上げメンバーとして、無数の困難を乗り越え、カンボジア人スタッフの育成15名以上、2年目に店舗を黒字化。ドリーム・ガールズ・デザインコンテストではイベント責任者として、400人規模のコンテスト授賞式をマネジメントした。2016年8月よりGeneral Managerとして店舗を運営中。

Project Manager 洲脇 佳世 (すわき かよ)

プロフィール
東証一部上場企業にて約9年間営業職、および億規模の新規システム開発企画職として1プロジェクトを管理。 2015年11月より12年間訪問し続けたカンボジアに移住。AMAZING CAMBODIAに出会い、新規プロジェクトマネジメント職として従事。 ドリームガールズプロジェクトの趣旨や活動内容に感銘を受け、2016年6月よりプロジェクト運営スタッフとなる。


 

staff2

Store Manager Srou Chamrouen

私はカンボジアで作られた製品が大好きです。 2014年5月、私は駆け出しのアメージングカンボジアに出会い、スターティングメンバーとしてここで働き始めました。それまで私は、私たちカンボジア人が、こんなに素晴らしい最高級の製品を、自国で作ることができるなんて、思っていませんでした。「この人達を支えたい」「そしてもっとたくさんの人たちにこの人達の技術と製品を伝えたい」その想いが、いつも私を強くしています。私は、カンボジアの製品はいつか、世界的に有名になると信じています。そして、日々この国の製品を世界の人々に伝えていることを誇りに思っています。今日に至るまで、アメージングカンボジアは多くの人々のサポートを受けて成長してきました。みなさまのご支援に、心から感謝します。

staff1

Accounting Manager Sung Theary

2014年5月、アメージングカンボジアのスターティングメンバーとして入社して3年。私はこの場所で働くこと、そして、自国の製品を広めることができることに誇りを持っています。なぜならすべての製品が、カンボジアの各州から、高いクオリティと共にアメージングカンボジアに集結しているからです。2014年にお店をオープンし、やっと、カンボジア人の方々が、自信を持って自国を語ってくれるようになりました。みなさん、いつも、私たちと、カンボジアで作られた製品を応援して支えてくれて、本当にありがとうございます。